心とテクノロジーで
世界を明るくする
株式会社シンシエイト
Weblog

ブログ

表参道から原宿へ神輿を担いで、そして明治神宮へ。

表参道を進むお神輿

2月11日の建国記念日は、表参道から原宿、そして明治神宮本道へ神輿を担いできました。

神輿は去年友人に誘われたのをきっかけに、ダボシャツにハッピを着て、真っ昼間から神輿を上下に激しく揺らし、ビールと日本酒を堪能することに楽しみを覚えた所から、今回は2回目の参加でした。

いつもは仕事で歩き回っている原宿・表参道辺りを、神輿を担いで歩くというのはなんとも不思議なものでした。

土曜日の雪も残った状態での神輿担ぎで、途中雪もパラパラと降る極寒の中、原宿・表参道がどうも似つかわしくないダボにハッピ若しくはふんどしにハッピのたくましい男達が、プルプルと寒さに凍えながら、しかし担ぐ時にはほんのり汗をにじませながら、クリスマスにはあのイルミネーションに光る日本一(?)オシャレな町を男気と共に駆け抜けました。

前回が初めてで、今回が2回目だった僕は、ビギナー用の足袋を持って来ていたため、雪や水たまりのおかげで足下はびしょ濡れ、しかもビギナー用は薄いので明治神宮本道の砂利で、足の裏が痛い!という逆境とも戦いながら、割れる神輿ダコに憧れてせっせと担いで来たのですが、次回は必ずちゃんとした足袋で参加しようと心に誓いました。

普段はデスクに座ってたり、パソコンを見たりと、そんなことばっかりしているので、たまにはこんな非日常な一日も最高です。

次はきっと夏頃、暖かくなった頃にまたやる予定です。

来年もきっと、建国祭で表参道から原宿まで神輿を担ぐ!

と思った一日でした。

表参道を進むお神輿

この記事が気に入ったら
いいねお願いします!
(facebookでシェアはされません)

三上 龍志
美容室の採用サイトでダイレクト採用戦略 & サロンを差別化する「100の質問リスト」。キレイな女性が死ぬほど好き♡ = 女性のキレイは髪から = 髪と言ったら美容師 = 美容師さんのIT部門をサポート。元パンパースモデルの株式会社シンシエイト代表。2児の父。