東京のホームページ制作会社・web制作会社
株式会社シンシエイト

Googleより IntersectionObserver による画像の遅延読み込みが推奨されています

Googleウェブマスター向け公式ブログ

2019年5月7日、Googleウェブマスター向け公式ブログより、レンダリングエンジンのサポートするお知らせがありました。

昨今、多くの画像や動画を配信するウェブページが増えてきました。それらのページの問題点として読み込みが遅く、その結果SEO的に評価が下がってしまうと言う問題がありました。

文字コンテンツに限らないリッチなウェブ体験は、本来ユーザーにとっては利便性を高めるはずですが、読み込みが遅くなってしまうとユーザーが離れてしまうというジレンマがありました。

以前から、Lazyloadなどの画像を遅延読み込みするJavaScriptsライブラリは存在しましたが、それらのライブラリではGoogleが画像の内容を読み込めないことが課題となっていました。

  • ユーザーのリッチなウェブ体験を提供しようとするとページが重くなる
  • Lazyloadなどでページの読み込みを軽くするとGoogleがこれらの画像を読み込めない

この二つの課題を解決するのが、IntersectionObserver による画像の遅延読み込みだとしています。

IntersectionObserver のレンダリングエンジンをサポートし、遅延読み込みの画像をGoogleが評価できるようになりました。

補足ですが IntersectionObserver をサポートしていないブラウザも多くあるため、polyfill によるブラウザ互換も推奨されています。

詳しくは原文(Googleウェブマスター向け公式ブログ)をご参照ください。

英語版(原文):https://webmasters.googleblog.com/2019/05/the-new-evergreen-googlebot.html

日本語版:https://webmaster-ja.googleblog.com/2019/05/mobile-first-indexing-by-default-for.html

三上 龍志
この記事を書いた人
三上 龍志
元パンパースのCMモデルがネタの株式会社シンシエイト代表。システムエンジニア出身営業育ち。ビーフジャーキー作りが趣味。webが大好きな2児の父。
関連する記事
Googleがランキングシグナルに使用すると名言したHTTPSについて
SEO
SEO 対策にはブログのタイトルが重要な理由
SEO
SEOやリスティングで検索対策する時の失敗しないキーワードの決め方
SEO
NO IMAGE
読まれないブログと読まれるブログはここが違う!文章の流れで差をつけろ!
SEO
Googleよりコアアップデートに関する警報発令!コンテンツへの集中とE-A-Tについて
SEO
株式会社シンシエイト ブログ ウェブマーケティング SEO Googleより IntersectionObserver による画像の遅延読み込みが推奨されています

web制作とマーケティングで
貴社の経営課題を解決します

web制作でのブランディングや、コンテンツマーケティング・SEO・ネット広告を中心としたウェブマーケティングを通じて、企業の事業を加速させるご提案をしています。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間は平日10:00〜18:00です。セールス目的のお電話はご遠慮ください。