なぜ「深い質問」が重要なのか?

ビジネスシーンにおいて、相手との良好な関係を築き、円滑な取引を実現するためには、相手のニーズを正確に把握することが不可欠です。しかし、表面的な会話だけでは、本質的な潜在ニーズを理解することは難しいものです。そこで重要となるのが、「深い質問」です。

 

この記事はこんな方のためになる記事です。

  • 人と話す時、当たり障りのない会話しかできていない気がする
  • 本質的なニーズが把握できず、的外れな提案になってしまう

本記事の目次

本質的なニーズとは何か?
なぜ「深い質問」が重要なのか?
潜在ニーズを引き出すためのコツ
まとめ

 

本質的なニーズとは何か?

本質的なニーズとは、人が抱えている課題や問題を解決したいという欲求のことです。ニーズは、顕在的なものと潜在的なものがあります。

  • 顕在ニーズ: 本人が意識しており、言葉で表現できるニーズ
  • 潜在ニーズ: 本人が意識していない、または言葉で表現できないニーズ

顕在ニーズは比較的把握しやすいため、多くの企業はここに注力しています。しかし、潜在ニーズこそが、本質的なニーズであり、ビジネスチャンスにつながる重要な要素なのです。

なぜ「深い質問」が重要なのか?

相手の潜在ニーズを引き出すためには、「深い質問」が不可欠です。深い質問とは、単に表面的な情報を聞き出すのではなく、相手の思考や感情を掘り下げるような質問のことです。

深い質問をすることで、以下のようなメリットがあります。

  • 信頼関係の構築: 人は、自分のことを理解しようとしてくれる相手に心を開きやすくなります。
  • 話し相手の理解の深化: 表面的な会話ではわからない、深層心理を引き出すことができます。
  • 提案の精度向上: 本質的なニーズを理解することで、相手に最適な提案をすることができます。

潜在ニーズを引き出すためのコツ

潜在ニーズを引き出すためには、以下のコツを意識しましょう。

1. オープンクエスチョンをする

「はい」か「いいえ」で答えられるような質問ではなく、「なぜ」や「どのように」といったオープンクエスチョンをすることで、相手はより深く考えるようになり、より多くの情報を提供してくれるようになります。

2. 具体的な質問をする

抽象的な質問ではなく、具体的な質問をすることで、相手はイメージしやすく、より具体的な答えを返してくれるようになります。

3. 共感を示しながら質問する

相手の話をただ聞くだけでなく、共感を示しながら質問をすることで、相手は安心して話せるようになり、より深い情報を得ることができます。

4. 沈黙を恐れない

相手が話し終わった後すぐに次の質問をするのではなく、少し間を置いて沈黙することで、相手はさらに深く考えるようになり、より多くの情報を提供してくれるようになります。

 

まとめ

相手の本質的なニーズを理解することは、ビジネス成功の鍵となります。「深い質問」を意識することで、相手との信頼関係を築き、相手満足度の高い提案を実現しましょう。

 

 

中西 さつき|株式会社シンシエイト
この記事を書いた人
中西 さつき|株式会社シンシエイト
株式会社シンシエイト|恩を繋いで世の中へ笑顔を増やす|ディレクター|大学院修士課程 修了|バレーボール全国大会制覇|ワクワクすることが大好き
関連する記事
May I help you? のグーグル翻訳
Japan Tour Guide から垣間見る日本の未来は「深刻」
コラム
NO IMAGE
ビジネスマンが知っておきたい「ロジカルに簡潔に話すコツ」
コラム
photo
2016年の振り返りと2017年の決意表明
コラム
NO IMAGE
上司の話を理解するための論理的な思考
コラム
チラシ配りを効率UP!
チラシ配りを上手に効率良く受け取ってもらう方法
コラム
NO IMAGE
会議における無駄の最小化
コラム
NO IMAGE
夢なき者に成功なし。 by 吉田松陰
コラム
SEOでWeb集客する方法を社長に聞いてみた Googleサーチコンソールの編
コラム
ブックオフ
本の宅配買取の査定額ってどれくらい?230冊送ってみた悲しい現実
コラム
NO IMAGE
「◯日の夜空いてない?」という人間には近づくな!
コラム
マーケティングとWeb制作で
貴社の経営課題を解決します

市場調査や競合調査を始め、企業やサービスの優位性を理解した上で、UI/UX設計やコンテンツマーケティング、SEO・ネット広告を中心としたWebマーケティングを通じて、ビジネスを加速させるご提案をしています。