迷走せずに瞑想するための心構えと瞑想のやり方

瞑想って何したらいいかわからない、どんな風にやったらいいのかわからない。

更には、結果どんな効果があるのかもわからない。

と思っていたのですが、よくわかんないけど、とりあえずやってみよう!と思い立ち、想像する瞑想とやらをやってみました。

その結果色々なことが見えてきました。

瞑想のやり方

完全に受け売りですが、瞑想はヨガの一部として取り入れられているようで、ヨガをやってた方にやり方をお聞きしてみました。

1. 目を閉じ心を無にする
2. 呼吸に集中するとやりやすい
3. 20分間やる

なるほど。全然わからん!

とりあえず瞑想してみた

20分のタイマーをセットして、目を閉じます。

呼吸をゆっくりと、余計なことを考えないように呼吸を意識します。

果たして僕は今瞑想出来ているのか、、、?

時間にして恐らく3分くらい経った頃についにやってきました!

雑念がやってきた

・あのプロジェクトの進捗どうなってたっけ
・そういえば返信ないな
・あの日めっちゃ楽しかったなー!
・あの子可愛かったなー!
・っていうか20分ってまだ!?

などなどなどなど、あらゆる雑念が出ては消え、出ては消え。

すっかり忘れてたことなんかも思い浮かんできて、「無」の状態とは程遠い状態が続いたまま20分を迎えました。

瞑想してみて気づいたこと

無の境地からは程遠かった結末だったのですが、その中から気づかされることもありました。

1. 常に多くの雑念が頭の中を巡っている

色々な事が頭に浮かんできたように、実生活の中でも急に思い出したりすることがあります。

それが気になってしまって、目の前のやるべき事に集中出来ないこともたまにあります。

そこがクリアになったらもっとパフォーマンス上がるんだろうな、と感じました。

2. 一つのことに集中する難しさ

僕のなんちゃって瞑想はすごく簡単!誰でも出来る!

そう考えていたのですが、集中して瞑想する、1つのことだけに集中するっていうのはすごく難しい事でした。

瞑想で期待出来る効果

集中力アップ!!

まさにこれじゃないでしょうか。

まあ、こういうのって人によって得られるものが違うと考えてるので、みんな集中力があがる、とは言わないです。

個人的には良い効果が期待できそうなので続けてみようと思います。

結果:瞑想はしてみた方が良い

新しい事を始める時、多くの場合は形式やルール、正しい方法が気になります。

例えば、瞑想の時の正しい姿勢はどんな姿勢なのか、どんな風になると瞑想は成功なのか。

プロの方からすれば、僕のはなんちゃって瞑想かもしれません。

ただ、そんな形式なんて関係ないですよね。(言いたかったのはココ)

ジムに通わなくたって筋トレできるし、ダイエット器具買わなくたってダイエットできるし、英語教材買わなくたって英語の勉強できるんです。

 

本題から逸れましたが、なんちゃって瞑想の中からでも色々と気付くことがありました。

普段の日常生活では気付かなかったことです。

まずはなんちゃって瞑想から始めてみるのはいかがですか?

三上 龍志|株式会社シンシエイト
この記事を書いた人
三上 龍志|株式会社シンシエイト
2005年からWeb制作に従事。システム開発ベンチャーでエンジニアとしてWeb開発、Webコンサルティング会社でマーケター・新規事業開発を経て2015年に当社を創業。顧客の成果に顧客よりも本気になることをテーマに、Webを通じて顧客の事業を加速させるために日々奮闘中。
関連する記事
花粉症対策
花粉で辛い鼻・喉を改善!2015年春、最新の花粉症対策。
コラム
ほぼ潰れかけの会社組織
こんな雰囲気の会社はヤバい!赤字なのに会議は顧客対応やバックエンドの話ばかり。
コラム
Figmaのファイル消しちゃった。削除済みのファイルの復元方法
コラム
NO IMAGE
エース不在がチームを強くし、人を成長させる。
コラム
NO IMAGE
完璧主義者は生産性が低い!8割で妥協のススメ。
コラム
ブックオフ
本の宅配買取の査定額ってどれくらい?230冊送ってみた悲しい現実
コラム
NO IMAGE
夢なき者に成功なし。 by 吉田松陰
コラム
NO IMAGE
「継続は力なり」?いやいや、継続が全てでしょ!
コラム
NO IMAGE
facebookとtwitterとinstagramのアプリを消去したら幸せになった話
コラム
スタバでノマド
リスクを取って新しいことに挑戦出来るようになる3つの方法
コラム
マーケティングとWeb制作で
貴社の経営課題を解決します

市場調査や競合調査を始め、企業やサービスの優位性を理解した上で、UI/UX設計やコンテンツマーケティング、SEO・ネット広告を中心としたWebマーケティングを通じて、ビジネスを加速させるご提案をしています。