アイドルに学ぶギブアンドテイクの作法

こんにちは、三上龍志です。

「世の中はギブアンドテイクだ!」なんて言う人もいるなーなんて思いながら、今日はそもそも「ギブアンドテイク」って違うんじゃないの?ってお話です。

今年からアイドルに携わっていて、いろんなアイドルの動向を見るようになりました。

結果から言うと「ギブアンドテイク」はナンセンス。「ギブビフォアーテイク」です。間違いなく!

 

アイドルの目標は「稼ぐ」「売れる」「有名になる」「歌手になる」「役者になる」「アイドルになる」と様々だと思います。

多くのアイドルはそのために自らを商品として売り出すわけです。

 

その中での失敗パターンを見つけました。それは。。

「私頑張ってる。」「こんな辛いことにも立ち向かっている。」「だから応援して!」っていう思いが見え見えで、そうすれば応援してもらえると思っているアイドルが結構な数いるんですよね。

総じてあんまり人気ないんです。(例えばtwitterのフォロワー数・リプ数とか)

 

ファンの心理としては「応援したい」という気持ちは確かにあると感じているのですが、入り口が全く違うんですよね。上記のアイドルたちは基本「ギブ」がスタート。欲しい、私のために応援して、がスタートなわけです。

ファン(然り見てる人)だってバカじゃないし、そんなの見え見えなので応援しないんでしょうね。ファンになろうと思えない。

 

ファン側の立場だって自分が楽しくなりたい、元気になりたい、幸せになりたいとかいろんな思いがあるわけで、そんな独りよがりなアイドルは応援されないですよね。

それよりも、見ていて元気が出るようなアイドルが応援したくなる。

 

つまりアイドルから先に「テイク」。与えること。ファンや見た人を楽しく・幸せにすること。

そうすると本当のファンができる。好きなアイドルに「応援して欲しい」って言われたら応援したくなりますよね。

 

高額な有料のセミナーの釣り文句でもよくありますけど、「与えたらいずれ自分に返ってくる」みたいな話に近くて、まずは自分から「ギブ」してった方が楽しいし気持ちよいですよね。

 

ギブせずにテイクばかり求めていませんか?

三上 龍志|株式会社シンシエイト
この記事を書いた人
三上 龍志|株式会社シンシエイト
2005年からWeb制作に従事。システム開発ベンチャーでエンジニアとしてWeb開発、Webコンサルティング会社でマーケター・新規事業開発を経て2015年に当社を創業。顧客の成果に顧客よりも本気になることをテーマに、Webを通じて顧客の事業を加速させるために日々奮闘中。
関連する記事
NO IMAGE
吐き出したい事を全て書き出したら案外スッキリした話
コラム
北海道札幌駅のクリスマス
人を動かす説得力と説得力のある経験値と経験値を積むためのマインド
コラム
ほぼ潰れかけの会社組織
こんな雰囲気の会社はヤバい!赤字なのに会議は顧客対応やバックエンドの話ばかり。
コラム
NO IMAGE
問題解決は正論でぶん殴るよりも、寄り添って課題解決の具体的な行動を促すということ。
コラム
花粉症対策
花粉で辛い鼻・喉を改善!2015年春、最新の花粉症対策。
コラム
NO IMAGE
ビジネスを成功させるリスクとの付き合い方
コラム
BRANDING
ブランディングとは?ユニクロとディズニーランドを例に考察してみた
コラム
NO IMAGE
営業マンからもっと営業されたいって話
コラム
デスクワークの腰痛の原因は座り方にある!? 腰痛になる原因と理想の座り方
コラム
LIG ひろゆき
止まらない原発と、「原発反対!」を唱えるB-BOY。
コラム
マーケティングとWeb制作で
貴社の経営課題を解決します

市場調査や競合調査を始め、企業やサービスの優位性を理解した上で、UI/UX設計やコンテンツマーケティング、SEO・ネット広告を中心としたWebマーケティングを通じて、ビジネスを加速させるご提案をしています。