営業マンからもっと営業されたいって話

こんにちは、元ブラック企業(!?)営業マンの三上龍志です。

前述の企業を退職してから、自分が営業を受ける機会が多くなりました。

自分が営業を受ける側に立ってみると、なんでもっと営業してくれないんだろう?って思う機会が多くあります。

こんな営業マンと出会うとツライ

電話やメール、紹介などから営業マンと知り合う事がほとんどですが、大体会う前に「こんな事を実現したいんだよね」という事を伝えるようにしています。

そして実際に会ってみると、会社説明とサービス紹介をしてもらって、、、その次の話を待っていると、「以上です。」みたいになって終わってしまうということが往々にしてあります。

有名な会社なら会社のこともなんとなく知っているし、サービス内容も知っていることも少なくないので、それで話が終わってしまうと内心「えっ。。。?」って思ってしまう。

その会社の営業方針がサービス紹介まで、ということなのかもしれませんが、こちらとしてはもっと提案して欲しいんですよね。

こんなことができますよ!こんなことしたら面白くないですか!?と。

サービス紹介までで終わってしまうとこちらとしても「時間とったのに、、」と思っちゃうし、相手にとっても無駄足になってしまうし、非常にもったいないんですよね。

そんな提案が欲しいが故に、会う前に「こんなこと実現したいんだよね。」ということを伝えているつもりなのですが、どうも伝わってないのが実状です。(反省)

会社説明とサービス説明だけで終わってしまう営業マンと出会ってしまうと非常にツライです。

営業って嫌われるんじゃないの?

僕が営業マンとして営業を始めた頃は、営業は嫌われる仕事だと思っていました。

営業ノルマを達成するために、月末最終日になんとかアポもらって、絶対やったほうがいいですよ!とクロージングするわけです。

聞いた話ですが、「契約するまで帰らない」と言い張る営業マンもいるみたいですからね。

そんな話を聞いていると、営業マンって嫌われ仕事なんだと思っていました。

しかし、当たり前ですがお客さんにとって良い物を提案している(ハズな)のだから、本来であれば感謝されなければならないはず。

実際に満足して頂いて「ありがとう」と言ってもらうこともたくさんあったので、それが今のもっと営業して欲しいの背景にあるかもしれません。(ケンカしたこともありましたが。)

電話とかでもっと詳しく聞いてほしい

テレアポで1日数百件かけていれば、それはアポとれただけで嬉しいって気持ちもわかる。

だけど、こちらとしては初回の営業で最大限の提案をしてほしいので、コチラの情報をもっと聞き出してほしいなって思います。

「こんなことしたいとかってお考えありますか?」「こんなことに困ってませんか?」「◯円くらいだったら内容次第では予算内に入りそうですか?」などなど。。。

営業マン時代は電話で聞きづらいなって思ってたこともあったんですが、相手が気分悪くならない言い方で聞けば、結構答えてくれるもんです。

さらには商談の確度も上がるし、成約までのスピードも早まります

これはお互いにとっても確実にメリットなわけですから、事前情報はなるべく聞き出してから営業に来てもらえると良いです。

自分が営業される側に立ってみて

もっともっと営業して欲しい、っていうのが本音。

そのサービスや商品からどんな未来が期待できるのか?

聞きたいのは「効果が出ます!保証します!」とかそんな嘘くさい営業トークじゃなくて、ワクワクする話がしたいんですよね。

もちろん、僕自身もどんな風に使えるかな?って考えているのですが、営業マンであればその他の成功事例や僕の持っていないノウハウを持っていると思うんですよね。

そういうのを出して出して、こんなことしましょうよ〜!!と営業マンに言われたら僕の場合はイチコロですね。

結局、営業マンを信頼してお金を出すのはコチラなんだから、それで失敗したとしたら自分の読みが悪かったってだけなんだから、営業マンの人はもっともっと営業してきてよ!

三上 龍志|株式会社シンシエイト
この記事を書いた人
三上 龍志|株式会社シンシエイト
2005年からWeb制作に従事。システム開発ベンチャーでエンジニアとしてWeb開発、Webコンサルティング会社でマーケター・新規事業開発を経て2015年に当社を創業。顧客の成果に顧客よりも本気になることをテーマに、Webを通じて顧客の事業を加速させるために日々奮闘中。
関連する記事
NO IMAGE
迷走せずに瞑想するための心構えと瞑想のやり方
コラム
NO IMAGE
いざという時のために準備しておきたい「エレベータートーク」
コラム
西荻窪と下北沢の美容室ROSSOのスマホサイト
ワードプレスの設定が必須のCSSまとめ
コラム
NO IMAGE
報告で「理由」は後回し!結論から伝えて提案で締めくくるのが鉄則(例文あり)
コラム
NO IMAGE
エース不在がチームを強くし、人を成長させる。
コラム
なぜ「深い質問」が重要なのか?
コラム
NO IMAGE
大好きなあの人と付き合う方法を考えよう
コラム
NO IMAGE
他人の言動に不愉快になったり、怒ってもムダ。って話。
コラム
北海道札幌駅のクリスマス
人を動かす説得力と説得力のある経験値と経験値を積むためのマインド
コラム
NO IMAGE
美味かったけど、二度と行かない居酒屋。
コラム
マーケティングとWeb制作で
貴社の経営課題を解決します

市場調査や競合調査を始め、企業やサービスの優位性を理解した上で、UI/UX設計やコンテンツマーケティング、SEO・ネット広告を中心としたWebマーケティングを通じて、ビジネスを加速させるご提案をしています。