情報化社会の弊害!ITで多様性がなくなっていく!?

こんにちは、三度の飯より肉が好きだけどお酒はもっと飲んでる三上龍志です。

とある2ちゃんねるの掲示板を見たら、なんと大層に荒れているので驚きました(笑)。

そんな中で気になる荒れ模様があったので、それを見てたら情報化社会の弊害・副作用というのか、そんなものが見えてきました。

情報化社会になって変わったこと

これは誰もが語ることですが、情報が簡単に手に入りやすくなったってことが一番だと思うんです。

ネットで調べれば隣の会社が何やってる会社かわかるし、資本金も調べられるし、競合の会社が何やってるかも見えてきちゃう。

つまり、よく言えばヒントが溢れかえってる。ヒントが高じて「答え」がネットにあるように思ってしまう

もしくは、デジタルネイティブにとってはネットにある情報が「答え」なのかもしれない

情報化社会の前はどうだったのか予測

ヒトはその昔、「火」という新たなツールを発見しました。その背景には「寒くてたまらない」という問題があったと思います。それを解決するために、ヒトは英知を絞りに絞り、あらゆる方法を試したら「火」が生まれてきました。

その「火」はどうやって世界に広まったんだろう?

今だったら「twitterで”火”ってのがバズってるぜ!ヤベーヤベーやってみようぜ!」って感じだろうけど、当時は当然twitterなんかない。

寒さをしのぐために、洞窟を掘ったヒトもいるだろうし、毛皮を身にまとったヒトもいるだろう。その土地柄や周辺環境に合わせた進化をしていった中の一つが「火」だと思うんですよね。

つまり、地域によって条件や情報が限定されていたがために、それぞれの地域のヒトが独自の進化を遂げてたと思います。

それから時を経て、「火」が世界に浸透して、「火」って便利だよねーってなったわけです。

情報化によって多様性が奪われていく

三上 龍志|株式会社シンシエイト
この記事を書いた人
三上 龍志|株式会社シンシエイト
2005年からWeb制作に従事。システム開発ベンチャーでエンジニアとしてWeb開発、Webコンサルティング会社でマーケター・新規事業開発を経て2015年に当社を創業。顧客の成果に顧客よりも本気になることをテーマに、Webを通じて顧客の事業を加速させるために日々奮闘中。
関連する記事
チラシ配りを効率UP!
チラシ配りを上手に効率良く受け取ってもらう方法
コラム
NO IMAGE
決心を鈍らせる心に潜んだ4つの感情
コラム
NO IMAGE
メイウェザー VS マクレガーを見て感じた4つのこと
コラム
NO IMAGE
問題解決は正論でぶん殴るよりも、寄り添って課題解決の具体的な行動を促すということ。
コラム
photo
2016年の振り返りと2017年の決意表明
コラム
NO IMAGE
完璧主義者は生産性が低い!8割で妥協のススメ。
コラム
北海道札幌駅のクリスマス
人を動かす説得力と説得力のある経験値と経験値を積むためのマインド
コラム
デスクワークの腰痛の原因は座り方にある!? 腰痛になる原因と理想の座り方
コラム
NO IMAGE
「◯日の夜空いてない?」という人間には近づくな!
コラム
ブックオフ
本の宅配買取の査定額ってどれくらい?230冊送ってみた悲しい現実
コラム
マーケティングとWeb制作で
貴社の経営課題を解決します

市場調査や競合調査を始め、企業やサービスの優位性を理解した上で、UI/UX設計やコンテンツマーケティング、SEO・ネット広告を中心としたWebマーケティングを通じて、ビジネスを加速させるご提案をしています。