自分の意見が言えないのは考えて考えて考えきってない証拠

会議やMTGなどの場で発言しない人っていますよね。

発言しない理由は様々だと思うんだけど、突き詰めると考えてないって事だと思うんですよね。

今いくつかのプロジェクトに携わる中で、特に人数が多いプロジェクトによくあるのが、発言しない人がいるという現象。

2人か3人くらいだとそれぞれの意見が出てきて、擦り合わせたり再考してこれがベストだって決定が最速で出来ます。

人が増えれば増えるほどそのジャッジのスピードが鈍るのはある程度仕方ないと思うんですよね。なるべく早く決めて動きたいのが本音だけど。

ただ、一番問題なのは人数は多いけど意見が少ない場合。

意見が出てこない問題はなにか?

そもそも意見出さない人はその仕事が楽しいのか?と心配になります。

僕は基本的に自分の意見をなるべく通したい、なぜなら自分の考えてることが正しいと思ってるからなんですが。

もちろん意見を交わし合ううちに、その方がいいね!とか、それでもいいかな、などと妥協して経過を見てみようという事もあるんですよ。

ただ、意見を出さないってなると自分のやりたい事と違うのかな?って心配になっちゃうんです。

意見が言えない本当の理由はなにか?

第一に「全くなにも考えていない」ケース。

こちらは早めにケリをつけましょう。双方にとってメリットがありません。

第二に、「過去に自分の意見が却下されたから出さない」。

これがよくあるケース。過去に提案した事が通らなかったから、もう何も発言しないという人。

自分の意見は通らないんだと決めつけちゃってるんですよね。

意見が通らないには通らないの理由があるんだけど、それを理解せずに「俺の意見は通らないんだ」と自己破滅的なスパイラルに陥っている状態。

すごいもったいないですよね。

どうしたら意見を通せるのか

単純に、もっと考えたらいいんですよね。他の人よりももっといいアイディアを出せばいいんです。

その理屈自体は簡単な事。アイディア出すのは難しいけど。

アイディアに抜け漏れはないか、穴はないかとか確認しておけば、なんか突っ込まれた時にも返せる。

他の人が出してくるアイディアに対して「それは僕も考えたけど、こっちの方が更にいい」というようなアイディア出しておくしかない。むしろそれができれば意見は通るでしょう。

アイディアが出てくる人は天才なのか

僕の周りにも、面白いアイディアをポンポン出す人がいるんですけど、その人が天才かと聞かれたら天才ではないと思うんですよね。

その人は、僕以上に考えてるんだなあと感じます。

実際に世の中にそんなに突飛なアイディアってないですよね?

ちょっとひねれば出てきそうなアイディアとそれを形にしただけなのがほとんど。

大して考えていなければ、大したアイディアは出て来ないし、大したアイディアじゃなきゃ意見が通るはずもないんです。

まとめ

人一倍考えて考えて考え抜いて、自信のあるアイディアを、自信をもって意見しよう。

三上 龍志|株式会社シンシエイト
この記事を書いた人
三上 龍志|株式会社シンシエイト
2005年からWeb制作に従事。システム開発ベンチャーでエンジニアとしてWeb開発、Webコンサルティング会社でマーケター・新規事業開発を経て2015年に当社を創業。顧客の成果に顧客よりも本気になることをテーマに、Webを通じて顧客の事業を加速させるために日々奮闘中。
関連する記事
NO IMAGE
あなたの会社をダメにする必殺技11選
コラム
NO IMAGE
報告で「理由」は後回し!結論から伝えて提案で締めくくるのが鉄則(例文あり)
コラム
NO IMAGE
IT系の超デジタル人間がアナログメモに変えた理由
コラム
篠塚つぐみ300試合連続出場記念セレモニー
仕事が出来ない人が絶対に達成できないたった一つのコト
コラム
NO IMAGE
「◯日の夜空いてない?」という人間には近づくな!
コラム
NO IMAGE
いい加減もう「ダメなとこ探し」は終わりにしようぜ
コラム
photo
2016年の振り返りと2017年の決意表明
コラム
NO IMAGE
apple store って対応が悪い、、と思いきや!?
コラム
西荻窪と下北沢の美容室ROSSOのスマホサイト
ワードプレスの設定が必須のCSSまとめ
コラム
NO IMAGE
迷走せずに瞑想するための心構えと瞑想のやり方
コラム
マーケティングとWeb制作で
貴社の経営課題を解決します

市場調査や競合調査を始め、企業やサービスの優位性を理解した上で、UI/UX設計やコンテンツマーケティング、SEO・ネット広告を中心としたWebマーケティングを通じて、ビジネスを加速させるご提案をしています。