東京のホームページ制作会社・web制作会社
株式会社シンシエイト

本の宅配買取の査定額ってどれくらい?230冊送ってみた悲しい現実

ブックオフ

Kindle に切り替える前に読んでた本や積ん読になっていた本を BOOK OFF の宅配買取で買い取ってもらいました。小さい段ボール箱4つで結構な量があったので、どれくらいの金額になるのかなと少しワクワクしていました。

もともとは処分の手間が省けるなぁという気持ちで依頼したので、大した金額にならなくてもよかったのですが、本日査定額が届きまして、予想を下回る査定額だったのでご報告いたします。

230冊の本の買取査定額の現実

査定額は230冊でなんと。。。

ブックオフの本買取査定額

4,007円!!!

期待はしてなかったけど、「やすーっ!!」ってなりました!(笑)

実質、値段がつかなかった商品が半数以上のようです。

買取単価 17.4円
実質買取単価(※) 36.7円

※ 値段がつかなかった商品は除いています。

最も高額な査定がついた本

趣味趣向がバレてしまいますが、最も高額だったのが「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント 改訂版 経済的自由があなたのものになる」の400円でした。高額!

その他の高額査定

2時間で丸わかり 不動産の基本を学ぶ 300円
嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え 300円
必ず話せる中国語入門 CDつき 300円
“集患”プロフェッショナル クリニック経営・成功の法則 腕の良い医師が開業してもなぜ成功しないのか 200円
ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った 200円
挑戦せずにあきらめることはできない マイケル・ジョーダンのメッセージ 200円
毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 忙しいビジネスマンでも続けられる 200円
99%の会社はいらない 180円
諦める力 勝てないのは努力が足りないからじゃない 150円
オスマン帝国六〇〇年史 100円

もっといい値段つくんじゃないかなー?と思った本はたくさんあったのですが、全然つかないもんなんですね。

買取価格はネットで全て確認できるのですが、悲しいことに1円とか5円とかが並びます。

査定がつかないのは物語の前半?

複数巻に分かれている本もいくつかありました。例えば「竜馬がゆく」や「楊令伝」など。

面白いことに、竜馬がゆくだと、1巻は査定ナシ、2〜7巻は10円、8巻は41円でした。

本「竜馬がゆく」の買取査定額

楊令伝だと、1〜2巻は査定ナシ、3〜5巻は10円、6〜12巻は41円、13〜15巻が50円。

本「楊令伝」の買取査定額

需要と供給の関係でしょうか。後ろの方が集まりにくいから高いってことだろうなと。

本を高く売りたいなら自分で売るべし

いかがでしたでしょうか。本の買取ではほとんどが小学生のお風呂掃除のおこづかい(100円だったと思う)程度にしかなりません。

部屋を整理するという意味では非常に助かったのですが、お金にしたい!という方は自分で売らないとお金になりません。

しかし、ネットからの集荷依頼をして翌日にすぐ集荷、そして1週間程度で査定〜振込までしてくれるので用途によっては便利で助かります。

本の処分をお考えの方の参考になれば。。

三上 龍志
この記事を書いた人
三上 龍志
株式会社シンシエイト代表。青学中退(尾崎豊ではない)から16年間IT・web一筋。学生起業時から潰した事業は数知れず。「人生を面白く」がテーマ!一人旅 / 筋トレ / Nuno Bettencourt / 千里眼 / 二娘 / 白髪
関連する記事
NO IMAGE
いい加減もう「ダメなとこ探し」は終わりにしようぜ
代表コラム
NO IMAGE
愛だよね。コンドームの広告が普通にいい動画。そして爆笑。
代表コラム
リスクを取って新しいことに挑戦出来るようになる3つの方法
代表コラム
NO IMAGE
行きたくなる美容室ってこんな美容室だよね
代表コラム
被リンクのSEO対策って良いの?悪いの?
代表コラム
北谷アメリカンビレッジでオススメのランチはサンドイッチが美味しい「RICHLY」
代表コラム
うなぎが美味しい用賀の「うな茂」で美味しいうな重を頂く日曜日
代表コラム
沖縄でタコスに飽きたら北谷で風変わりなオキナワンタコスを食べよう
代表コラム
NO IMAGE
恩を返すたった一つの方法は。。。?
代表コラム
NO IMAGE
フォントサイズ一覧
代表コラム
株式会社シンシエイト ブログ 代表コラム 本の宅配買取の査定額ってどれくらい?230冊送ってみた悲しい現実

web制作とマーケティングで
貴社の経営課題を解決します

web制作でのブランディングや、コンテンツマーケティング・SEO・ネット広告を中心としたウェブマーケティングを通じて、企業の事業を加速させるご提案をしています。