東京のホームページ制作会社・web制作会社
株式会社シンシエイト

「◯日の夜空いてない?」という人間には近づくな!

毎月1〜2回、知り合いから「◯日の夜空いてない?」とLINEが届く。

これが僕は大っ嫌いで、こういう人の誘いには100%乗らないようにしている。

なぜなら、こういう人は他人の時間を奪うことが当然だと考えているから。

大体こういう連絡をしてくる誘いは合コンなんだけど、それが最高に不愉快極まりない。

「◯日の夜空いてない?」の真意は何か?

「ん、空いてるよ?」みたいな返信を期待していて、断りづらくすることが目的なんだろう。

断りづらくして人の時間を当然のごとく奪っていく人間は最低。

相手の時間を奪うのが当然で、自分のメリットしか考えていない人間なんだろうなと毎回感じてます。

「時間は万人に平等に〜」みたいな話だけど、自分のために時間を有意義に使うのは当然。

だけど人に時間を奪われるのが至極キライなんですよね。

なんでそんな人間がキライなのか

こういう人って、本当に仕事ができない人だと思うんですよね。

会議でも自分の言いたいことを言いっぱなしだったり、他社へのプレゼンでも意味不明なことをだーっと話してたり、建設的な話ができない人がほとんど。

時間とって話してみた結果、あの時間無駄だったなーと感じることばかり。そんなことに時間使いたくないよね。

んで、口を開けば「一緒にお金儲けしましょう」だったり。

相手を儲けさせるならもっと建設的な話をしてくれよ、と。結局お前が儲けたいだけじゃんよ、と。

付き合いたいたくなる人間はどう誘うのか?

ちょうど今日、僕がこの人仕事できるなーと思う友人から誘いのLINEがありました。

「◯日の夜空いてる?俺がお付き合いさせてもらってる◯◯さんっていう人がいて、その人と飲むんだけどどうかなと思って!女の子も誘おうと思ってて、◯◯にも声かけてる!」(一部略)

これを受け取って僕の解釈は、「あー友達が営業活動するのに協力してってことかな?」それだったら力になろう!とか「もしかしたら仕事を紹介してくれたりなのかな?」それなら全然乗りまーす!と思って、「うん、空いてるよ!詳しく聞かせて!」って返信ができるんです。

結局、用件も言わずに誘ってくる人って自分のために誘ってるとしか感じられないんですよね。

合コンの誘いなら「◯日の夜空いてる?合コンなんだけど一緒に盛り上げようぜ〜!」みたいに誘ってもらったほうが断然行きたくなる。

付き合いたくない人間への断り方

「◯日の夜空いてない?」と誘われた時の僕の返答はこんな感じ。

「なんで?」
「空いてるけど、内容によるけど?」
「用件がわからないのに回答しようがない。」

それに対して「あ、そうだよね。合コンなんだけど。」と返事が来る。

(自己満合コンかよ、絶対行きたくねー!!)

「あ、合コンね。俺は行かない。で、次からは用件先に言ってね。」

はっきり断ったほうがいいですよね。毎回こんな誘い受けてたら返信する時間の無駄。

まとめ

自分の時間を奪っていくだけの人間とは付き合わない方がいい。

断るとこははっきり断って、二度と誘われないようにした方がいい。

次にこんな風に誘われたら、この記事を送りつけよう。(是非皆様、使ってください。)

三上 龍志
この記事を書いた人
三上 龍志
株式会社シンシエイト代表。青学中退(尾崎豊ではない)から16年間IT・web一筋。学生起業時から潰した事業は数知れず。「人生を面白く」がテーマ!一人旅 / 筋トレ / Nuno Bettencourt / 千里眼 / 二娘 / 白髪
関連する記事
仕事が出来ない人が絶対に達成できないたった一つのコト
代表コラム
NO IMAGE
問題解決は正論でぶん殴るよりも、寄り添って課題解決の具体的な行動を促すということ。
代表コラム
NO IMAGE
営業マンからもっと営業されたいって話
代表コラム
日本百名山「雲取山」に登山テント泊!行きの鴨沢ルート編 1/3
代表コラム
ワードプレスの設定が必須のCSSまとめ
代表コラム
2016年の振り返りと2017年の決意表明
代表コラム
NO IMAGE
吐き出したい事を全て書き出したら案外スッキリした話
代表コラム
NO IMAGE
美味かったけど、二度と行かない居酒屋。
代表コラム
NO IMAGE
完璧主義者は生産性が低い!8割で妥協のススメ。
代表コラム
渋谷の異次元居酒屋ロックアップで台湾の加湿器メーカーRoolenの皆さんを接待してみた
代表コラム
株式会社シンシエイト ブログ 代表コラム 「◯日の夜空いてない?」という人間には近づくな!

web制作とマーケティングで
貴社の経営課題を解決します

web制作でのブランディングや、コンテンツマーケティング・SEO・ネット広告を中心としたウェブマーケティングを通じて、企業の事業を加速させるご提案をしています。